トイレのつまりは原因によって自分で直さないほうがいい

住宅

自分で直すと危険

トイレ

トイレのつまりは、一番多くの人が経験しているトイレトラブルといえるでしょう。トイレがつまると水が逆流して慌ててしまいます。焦らないためにもしっかり対処法を抑えておきましょう。まず、一番多いトイレのつまりの原因がトイレットペーパーです。一度に流す量があまりにも大量だと排水管をつまらせてしまうのです。お湯や重曹とお酢の組み合わせで解決できることもあるようです。しかし、個人で処理を行なう場合は注意が必要です。そのままお湯を流してしまうと陶器で出来ている便器が割れてしまうことがあります。詳しく知らない場合は自分で直そうとせず業者に頼みましょう。また、トイレに流せると書いてある掃除用のシートでもトイレのつまりが起こる場合があります。それらは、掃除に使われるためトイレットペーパーよりは頑丈にできています。そのため、解けるのに時間がかかることもあるのです。トイレのつまりを起こさないためにもトイレットペーパー以外の異物を流すのは避けたほうがいいでしょう。もしも、つまりを起こしてしまったらラバーカップを使うというのも一つの手です。ラバーカップの力で使っているトイレットペーパーや排泄物を動かすことができます。動かすことで水の通り道を作り再度流すことができるようになるのです。しかし、これはおもちゃや雑巾、溶けない異物などがつまった場合は効果が期待できません。そういった物でトイレのつまりが起こったときはちゃんとした業者に解決してもらったほうがいいのです。

こんなトラブルが起きる

お手洗い

毎日使うトイレは様々なトラブルが起こります。一番身近なのがトイレのつまりです。また、水が止まらない、レバーが動かない、ウォシュレットが壊れるなどいろいろなトラブルが起こる危険性があります。

Read More

専門業者に任せる

エアコンを見る作業員

エアコンの取り付けや取り外しは自分で行なうこともできます。しかし、安全に作業をするためにも専門知識のある業者に頼むほうがいいでしょう。下手な付け方をしてしまうと故障の原因になります。

Read More

ネットのほうが安い

キッチン

換気扇が壊れたらネットで工事してくれる業者を頼むといいでしょう。ネットなら店舗とくらべて激安な値段で商品購入と工事をすることができます。ショールームを作るコストがかかっていないので安くなるのです。

Read More